終の信託


この映画で私は何を思えば良かったのだろう。
どこにも、誰にも共感できるところがなく、
ひたすらに流れる映像を見つめていた感じです。