希望の国


園子温が描く原発と放射能。期待してました。

国やメディアが安全だと伝え、明るくいこうという風潮の中、
たった一人、防護服に身を包み生活している人は異様で
笑ってしまったけど、
自分と愛する人を本当に守れるのは自分だけだ。
人は危険なことをすぐに忘れてしまう、安全という言葉を信じようとする。
笑って見ている場合じゃない、
自ら学んで自ら考え、行動することが大切なんだと思いました。

ラストの「愛があれば大丈夫」にはなんだか拍子抜けしましたが・・・


監督のつけた『希望の国』というタイトルの真意と
夏八木勲の貫きとおしたものは
未熟者の私にはピンとこずでした。

・・・でも、すっごくカッコ良かったです