きっとここが帰る場所



なんともない話かもしれません

でも、ラストまで魅かれ続けたのは
ショーン・ペンの存在だと思います

異端で奇妙で小汚くて繊細で不器用で・・・

親近感と母性みたいなのが同時に湧きました



[This Must Be The Place]